トヨタ自動車について知る

トヨタ自動車の面白情報

トヨタ自動車の創業者はどんな人?

トヨタ自動車株式会社は、単一メーカーとしては日本最大の巨大企業として君臨し、世界各地に営業所や支店を置く会社です。

 

トヨタ車はその優秀さで年代を問わない幅広い層の人達に人気のある車を生産し続けていますが、そのトヨタ自動車を創設したのが、発明家、豊田佐吉(とよださきち)です。

 

彼は、慶応3年2月14日、遠江国敷知郡吉津村(現静岡県湖西市)農家の長男として生まれました。

 

父は農業を営むかたわら大工も兼業していて、村のお寺で寺子屋教育を受けた後、父の大工の仕事を手伝っていました。

 

そんな彼が発明家を志したきっかけは、村の勉強会で読んだS・スマイルズ著『西国立志編』に感激し、明治18年に公布された専売特許条例に刺激されたためでした。

 

当時の彼の故郷では遠州木綿が盛んでしたが、機織りは効率の悪い「バッタン手織機」というもので、これを何とかしたいと研究を重ねてついに「木製人力織機」の発明に成功して、日本では初の特許を取り、これで一旗揚げようと思ったのですが折からの不況で事業に失敗し、妻とも別れてしまいました。

 

この事業には失敗したのですが、偶然の思い付きから発明した糸繰返機(かせくりき)を市販するため明治28年、名古屋に「豊田商店」を創立しました。

 

その後も紆余曲折を経験しながら、彼の自動織機に関する発明は続き、幾つもの特許を出願しています。

 

自動織機は、佐吉の長男、喜一郎が完成し、イギリス・フラット社から特許権譲渡の交渉を受けました。

 

このことが、豊田父子の自動織機が国際的に認められるきっかけとなりました。

 

昭和5年10月30日に死去しましたが、自動車の研究を進める提案をして喜一郎に託しました。

 

佐吉の提案に従って、喜一郎は国産自動車の開発・研究を進め、トヨタ自動車創業の基礎を開きました。

 

こうして設立されたトヨタ自動車ですが、今では世界でも押しも押されもしない自動車の一流メーカーとして発展しました。

インフォメーション

車を売る際に注意しなければいけないのは、1社だけに査定してもらってい言い値で売却しないということです。車は買取するお店によって査定の基準が微妙に異なりますので、車種によっては買取価格に大きな差がつくことがあります。車を売るときには、複数の業者から必ず相見積もりを取るようにするといいでしょう。


最近は晩婚化が問題となっているようです。同時に若者の車離れも加速しているようです。かつては、デートと言えば車でドライブというのが定番であったが、車がないことにはそれも叶わない。そんな中、最近は婚活としてお見合いパーティーが流行しているのだそうです。お見合いなんて古臭いと思うなかれ、積極的に参加する若者が増えているのだそうだ。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ